群馬の建設業許可申請や更新、変更のお手続きは、鈴木コンサルタント事務所にご相談くださいへ

建設業許可申請業務 新規・更新・変更・届出

■新規に建設業許可を検討されている方。

■更新や変更届の提出を控えている方。

■公共工事の請負を検討されている方。

■後継者への代替りを検討されている方。

ご相談ください。

建設業の許可申請を考えてらっしゃる経営者の皆さま。そして既に許可を取得し安定した事業の継続を望まれてらっしゃる経営者の皆さま。

 
 

営業の範囲を大きく構えるためには、様々な許可申請や更新・変更申請、各種届出を避けて通ることはできません。安心して日々のお仕事に向かわれるためにも、許認可申請や届出等の煩雑な仕事はプロである当事務所にお任せください。

 

お付き合いのある行政書士様などとのご縁を越えて、もちろん最初はあうんの呼吸とはいかないかもしれませんが、この機会に是非とも新たなビジネスパートナーのご選択はいかがでしょうか。

 

当職も長年の企業勤めから培った交渉力や調整力等を武器に、スムーズな業務を行うとともに、人や経営に関することについて何かしらお役に立てることもあろうかと存じます。そのために、事務所名に「コンサルタント」の名を冠しております。

 

今や建設業の必須資格建設業許可を取得しましょう

 

新規に建設業許可取得を目指されている依頼者様に

 

新規に建設業許可を取得しようとされている依頼者様。ご存知のとおり、建設業はその業務のもつ大きな社会性や公共性から、建設業を営む者に対しては建設業法という法律に基づいた許可制度を設けております。

 

もちろんすべての建設業者に許可制度を敷いているわけではなく、一定の基準の工事を請け負う業者を対象としています。

 

しかし今後に向けて飛躍を期する建設業者様におかれては、更に業務の幅を広げるべく建設業許可の取得を目指されていることと存じます

 

また昨今は企業コンプライアンスからの要請も、社会からあるいは行政からいっそう強くなってきております。

 

そういう状況を踏まえ、自らの価値を高めるだけでなく元請業者の信頼を勝ち取り、更なる業務拡充を図るための建設業許可の新規取得をおすすめするとともに、確実な許可取得のお役に立てることを切に願うばかりです

 

☆彡建設業界の中小企業に関するブログ記事

 

依頼者様の良きビジネスパートナーになれるであろうことをお約束し、ご連絡をお待ちしております。

業務の幅を広げるために

信用力を高めるために

建設業許可取得を目指しませんか

 

建設業許可の更新や変更を控えてらっしゃる依頼者様に

 

すでに建設業許可を得られ、大きな請負工事をされていることと存じます。更新の時期は大丈夫でしょうか。また変更があった際の届出等は所定期間内にきちんとされてらっしゃいますでしょうか。

 

うっかりミスや知識不足で許可を取り消されてしまっては大変です。また要件である管理者や技術者の退社等への備えも必要となります。

 

当事務所は万全の依頼者様管理によって、許可申請の際だけではなく5年ごとの更新および変更の申請や届出を、余裕を持った形で行ってまいります

 

依頼者様が申請ごとを案ずることなく、安心して業務に専念できますように、末永くビジネスパートナーを務めさせていただきます。

 

現状のフォローにご不満はありませんか

今や建設業の必須資格建設業許可を取得しましょう

 

建設業許可はこのような場合に必要となります

建設業は公共工事を請け負ったり、人々の家を建てるといった重要な役割を担っています。工事には大きな金額が動き、工事の内容によっては命にまでかかわる事故等につながる場合もあります。そのため建設業では建設業法に基づく、厳しい許可制度がとられています

 
では建設業許可制度とはどのようなものでしょうか。
  1. 建設業法では、軽微な工事のみを行う場合を除き、建設業の許可がなければ建設工事を施行することはできないと定められています
  2. この場合の許可が必要となるのは発注者から直接建設工事を請負う元請負人ですが、下請負人として請負う場合も含まれます。個人でも法人でも同様に許可が必要となります
  3. 建設業許可を受けないで軽微な工事以外の建設工事を請負うと、建設業法に基づき罰せられることとなります。
 

建設業許可について

軽微な工事とは

建設業許可が不要である軽微な工事は次のとおりです
  1. 建築一式工事では1件の請負代金が1500万円未満の工事、または延べ床面積が150㎡未満の木造住宅工事です。
  2. 建築一式工事以外の建設工事では、1件の請負代金が500万円未満の工事です
 

軽微な工事の留意点について

軽微な工事の留意点は次のようなものになります。
  1. 請負金額は消費税等の税込みの金額となります
  2. 請負金額は全体の総額で計算します。分割された請負の場合でも該当する場合がありますので、工事の期間や分割の実態について個別に判断します
  3. 請負金額には注文者支給の材料費も含まれます
 

軽微な工事以外にも建設業許可が不要な工事があります

次に挙げる工事については、軽微な工事を超えるものであっても建設業許可は要しません。
  1. 自らが使用する建築物を、自ら施工する場合。
  2. 不動産業者が建売住宅を自ら建築する場合。
  3. 土地に定着していない物の工事の場合。
 

建設業許可を取得する目的について

建設業許可を取得する理由には、次のような目的があるのではないでしょうか。
  1. より大きな額の工事を請負い、業務の幅を広げる目的
  2. 建設業許可を受けることによって会社の信用力を高め、あわせて会社の営業力を向上させる目的
  3. 大手建設業者からの信用力をより高めることによって、大手建設業者の下請けとしてより多くの請負い仕事を勝ち取る目的
  4. 効果的な資金調達を行うため金融機関からの融資に足る信用力を得る目的
  5. 元請として公共工事に参入する目的

建築業許可の新規・更新・決算変更届け承ります。

迅速で確実な建設業許可新規取得

次回の更新・変更届はお任せください

経営事項審査も一括承ります

ホームページの内容はあくまでも一般的な内容になります。さらに詳しいことを知りたい方は、お気軽にご連絡ください。

■事務所地図はここから

 

■お問合わせフォームはここから

メールで回答させていただきます

行政書士鈴木コンサルタント事務所

℡027-377-6089

★スマホからはこちらをクリック

 

土日祝日ご予約承ります。

初回相談は無料です。お気軽にご相談ください。

お悩みは早めに解決された方がよろしいです。ご依頼は初回相談の後に検討されれば結構です。こちらから催促することはございません。

このページの先頭に戻る

 

群馬,建設業許可,経審,遺言,相続,遺産分割,農地転用,行政書士 左のチェックボタンから Q&A に入れます

 

建設業許可について

建設業許可について記事一覧

今や建設業の必須資格建設業許可を取得しましょうご連絡をいただきますいただいたお電話で、ご相談者様のお悩みやご要望を承ります。新規許可取得や変更等、ご相談内容についてお聞きします。経営業務管理責任者や専任技術者等の、許可要件について確認させていただきます。初回面談時にご用意いただく、資料について確認させていただきます。初回面談のお時間や場所を決めさせていただきます。ご相談者様と初回面談をさせていただ...

今や建設業の必須資格建設業許可を取得しましょう建設業許可とは建設業は国や国民にとっても非常に関係の深い重要な産業です。総じて大きなお金が動きますし、公共事業とも密接に関わってきます。また場合によっては生命や財産に関わる産業でもあります。そのため建設業を営む業者については、各種の法律によって厳密に資格要件を定めています。特に重要な法律に建設業法がありますが、その建設業法によって「建設業を始めるには軽...

今や建設業の必須資格建設業許可を取得しましょう建設業許可における各種申請と届出について建設業許可には建設業許可申請以外に5年ごとの許可更新や変更時の届出など、様々な手続きが必要となります。建設業新規許可の場合決算変更届け(事業年度報告書)~毎年届出事項変更の届け~技術者の変更等建設業許可の更新手続き~5年ごと経営事項審査の申請~公共工事を請負う場合入札参加申請等建設業許可は業種別にとらなければいけ...

今や建設業の必須資格建設業許可を取得しましょう業種区分には請け負った工事の全体を統括する一式業種と、電気工事や内装というような工事の各部門を専門に行う専門業種があります。一式業種のみの許可では、原則として軽微な工事以外の専門分野の工事を行うことはできません。その業種ごとの許可が必要になります。専門業種の許可があっても、ほかの専門業種の工事は軽微な工事以外は行えません。ほかの部門の工事を行う場合には...

今や建設業の必須資格建設業許可を取得しましょう建設業許可を取得するには、「人材要件」「施設要件」「財務要件」の要件が必要となり、挙げられたすべての要件を満たす必要があります。経営業務管理責任者の要件経営業務管理責任者がいること(人材要件)主たる営業所(本社等)には必ず経営業務管理責任者がいなければなりません。経営業務管理責任者は、次のいずれかの要件を満たしていなければなりません。法人の場合は、常勤...

今や建設業の必須資格建設業許可を取得しましょう専任技術者と主任技術者の違いと役割は次のとおりです技術者にはいろいろな役割があります。専任技術者と主任技術者のそれぞれの役割は次のとおりです。専任技術者とは専任技術者とは次の者をいいます。営業所に常駐義務のある技術者であり、営業所のリーダーです。営業所に駐在し、工事現場には基本的に配置できません。建設業許可の必須要件となります。常駐場所が営業所と現場と...

今や建設業の必須資格建設業許可を取得しましょう先に述べた要件が整えば許可申請を行いますが、申請には多くの書類が必要になります。申請方法や必要書類については県ごとに異なる場合がありますので、事前に確認ください。建設業許可申請書について建設業許可申請書には、申請したい種類や業種など、会社や個人事業の基本情報を記入します。新規許可申請だけでなく、各種の変更や更新などに使用する重要な書類となります。申請を...

今や建設業の必須資格建設業許可を取得しましょう建設業許可を取得した場合は、標識の表示や帳簿の作成保存を行わなければなりません。標識の掲示義務について建設業許可を受けた建設業者は、すべての店舗および工事現場に標識を掲げなければなりません。店舗への標識の掲示義務があります。建設工事現場への標識の掲示義務があります。店舗への標識の掲示が必要です建設業許可を受けた建設業者はすべての店舗ごとに、定められた様...

今や建設業の必須資格建設業許可を取得しましょう役所での標準処理期間役所に書類を提出してから許可がなされるまでの標準的な処理期間が定められています。大臣許可の場合は知事許可より時間を要します。知事許可審査の標準処理期間は通常1~2ヶ月です大臣許可審査の標準処理期間は通常3~4ヶ月ですこの期間は役所での審査期間であり、書類を用意していただく期間や書類を作成する期間(3日~1週間)も必要となります。書類...

今や建設業の必須資格建設業許可を取得しましょう建設業許可の運用には厳しいルールや罰則が設けられています。5年ごとに更新手続きを行います許可期間は5年であり、5年ごとに更新許可申請をしなければなりません。有効期間は許可取得日から5年後の許可取得日の前日までとなります。有効期限の30日前までに申請を行います。有効期間を1日でも過ぎると失効し、再度新規の許可申請が必要となります。更新申請は許可が切れる日...

公共工事請負に必要な経営審査事項申請承ります公共工事を受注するために各官公庁から建設工事の受注をしようという場合、いわゆる公共工事を受注しようとする場合には、各官公庁の入札を受ける必要があります。入札を受けるにはいくつかの条件があります。入札を受けるための条件。入札に参加する業種の、建設業許可を取得していること。決算変更届が提出されていること。入札を受ける前に経営事項審査を受けていること。入札を希...

公共工事請負に必要な経営審査事項申請承ります経営状況評点について経営規模等評価を申請する際には「経営状況分析結果通知書」を提出します。従って経営規模等申請までに経営状況分析結果通知書を取得する必要があります。経営状況評点は次のような立て付けになっています。総合評定値のウエイトは経営状況分析が20%、経営規模等評価が80%です。中小建設業者がライバルと総合評定値(P点)で差をつけるには、経営状況評点...

公共工事請負に必要な経営審査事項申請承ります経営規模等の評価項目について総合評定値(P点)=(XⅠ)0.25+(XⅡ)0.15+(Y)0.20+(Z)0.25+(W)0.15(XⅠ)完成工事高(XⅡ)自己資本額および平均利益額(Z)技術職員数および元請完成工事高(W)その他の審査項目(社会性等の18の審査項目)総合評定値は業種ごとに出されます。項目ごとの評点分布状況 (XⅠ)(XⅡ)(Y)(Z)(...

公共工事請負に必要な経営審査事項申請承ります経営事項審査の審査基準の改正等について経営事項審査は改正がよく行われますが、これは審査の評価項目や基準が、審査を受けようとする建設業者に強い影響を与えるために行われるものです。建設業を社会情勢や時流にあった、将来にわたって適正な人員確保の出来る方向に向かわせるための、いわば方向づけの役割を担っています。平成30年4月から経営事項審査の審査項目及び基準が改...

建設業法では下請け保護の観点や下請けへの監督責任からの観点等、様々な処分が設けられていますが、ここでは特に重い刑事罰に当たる処分を記載していきます。3年以下の懲役または300万円以下の罰金が科せられるものとしては、次の違反が該当します。懲役と罰金が併せて科せられる場合もあります。無許可で営業を行った場合。特定建設業許可がないのに、特定建設業許可の範疇の工事の請負契約を締結した場合。営業停止処分に違...

page top