群馬の遺言書作成に関するお悩みは、鈴木コンサルタント事務所にご相談ください。

大切な付言(ふげん)というものについて考えましょう

付言とはどのようなものでしょうか

    「付言」は「ふげん」と読みます。付言とは遺言の内容とは別に、ご家族に向けて残される言葉やメッセージのことです。付言には法的効力はありませんが、遺されたご家族の方々ににあなたのご意思を伝えるための欠かせない手段です

     

    遺言書は相続される方々に向けて、具体的に相続される方のお名前や相続財産について書きます。しかし遺言書の方式に従った内容は無味乾燥なものであり、これだけではあなたのご意志は伝わらず、誤解を招く場合もあるかもしれません。

     

    あなたの意思をお伝えし、この遺言を確実に遂行してもらうためにも、遺言書を書いた動機や目的を伝えましょう。家族に向けた感謝の言葉やメッセージを付言というかたちで表しましょう

    遺言書には不言を残しましょう。
     

    遺言を残した意図や思いを伝えましょう

    付言を残す場合には、いくつかのことに留意して書くようにしましょう。

      群馬,遺言,相続,遺産分割,円満,解決,行政書士

    • 家族への感謝の言葉のようなメッセージもあります。生前に言えなかった言葉を伝えることで、ご自身の気持ちにも区切りがつけられるかもしれません。
    • 忠告や恨みごとなどは慎みましょう。たとえ今はそういう思いを抱えていることがあっても、わざわいの種を残すことはありません。ご自身の心にそっとしまっておくことをアドバイスいたします。
    • 財産の分配に偏りがある場合や特定の方の遺留分を侵害する場合には、その理由や遺言遂行へのお願いを記すこともあるかと思います。一方的な気持ちではなく、事情があってすることへの理解を求めることも、トラブルの芽をつむことにつながることかと存じます。
    •  
      遺言の目的や思いは、付言に託しましょう。

      自筆遺言書の文案作成や公正証書遺言書の作成まで、文書に強い当事務所におまかせください。

      遺言者様のご相談を形にし、皆さんが円満なままいられるような遺言を残しましょう。

      ■事務所地図はここから

      ■お問合わせフォームはここから

      メールで回答させていただきます

      ☎027-377-6089

      土日祝日ご予約承ります。

      初回相談は無料です。

      お悩みは早めに解決された方がよろしいです。ご依頼は初回相談の後に検討されれば結構です。こちらから催促することはございません。

       

      群馬,遺言,相続,遺産分割,円満,解決,行政書士
      群馬,遺言,相続,遺産分割,円満,解決,行政書士

       

      このページの先頭に戻る

       

      遺言書の想いを託す付言というもの

お気軽にお電話ください

page top