群馬の遺言書作成に関するお悩みは、鈴木コンサルタント事務所にご相談ください。

遺言というものがなぜ必要かを確認します

相続における遺言書の役割

遺言書とは、死が目前に迫ったときに作成するものだと思われていませんか。自分には身内がもめるほどの財産もないから心配ない、あるいは家族関係もうまく行っているから、自分がいなくても相続でもめることはない、と思われてはいませんか。

 

ちまたで行われている行政書士の無料相談会ではその相談の大半が遺言・相続に関するものであり、みなさんの関心が高いことが伺われるとともに、実際に相談される時点ではすでに相続によってトラブルが発生しかかっていることも多いようです

    実際もめている財産額を見ても、家庭裁判所における遺産分割事件(相続人だけで協議がまとまらないので、裁判所に申請したということになります)で調停が成立したもののうち、総額1000万円以下のものが全体の3割を超す割合を占め、5000万円以下のものまで含めると実に8割ほどの割合を占めます。1000万円が少額かどうかは議論の余地がありますが、実際には不動産(家・土地)を含めれば1000万円はすぐに越してしまいます。「少額でもめる」ことが多いということも、また事実であります

    「うちは家族の仲が良いし、とりたてて相続についても心配する必要はない」と思われる方も多いと思います。事実その通りだと思います。ただ現実にはそのようなご関係であっても、円満に行かない場合も多々おこっているのです

     

    そのときに「遺言書」という形になったものがあれば、遺された家族はあなたの意思を確認することができ、その内容に沿った形での財産の分配が可能になるのです。

     

    生前に遺言書を作成しておくことは、決して自分には関係のないことでも、縁起が悪いことでもありません。あなたの家族に対する思いを伝えるためにも、「相続」が「争族」にならないためにも、遺される家族のための思いやりとして、そして安心を贈るために遺言書を作成しておくことをおすすめします

    遺されるご家族のために、安心と思いやりを残しましょう。
     

    「ゆいごん」というもの

    「遺言」は、一般的には「ゆいごん」と呼ばれます。自分の死後、残された方々に言い残すことを総じて称するもののようです。

     

    文書で残される場合が多いですが、録画や録音によって、あるいは亡くなる直前に口頭で残される場合もあります。自分の意思を残された方々に伝えたい、という思いから発せられるものです。

     

    「いごん」というもの

    「いごん」と言う場合もあります。耳慣れない言葉ですが、これは主に法律用語として使われる場合が多い言葉です。「ゆいごん」が法的効果を持つと「いごん」となります。

     

    広辞苑では、「人が自分の死亡によって効力を発生させる目的で、一定の方式に従ってなす単独の意思表示」とあります。ここでは「効力を発生させる目的」で「一定の方式に従って」というところが重要となります。

     

    民法には遺言についての規定があり、第960条以降にはその旨と書き方のルールが記載されています。つまり、ルールに則った遺言書でなければ法的な効果がないということになります

     

    自分の希望や考え方を残しておくだけでしたらどのような形式でも構いませんが、「効力を発生させる目的」のための遺言であれば、「一定の方式に従った」ものである必要があります

     

    法的効果のある遺言を書くための能力

      遺言は意志の表示行為であるので、意思能力のない者の遺言は無効となります。例えば重度の認知症を患っていたり、意識のほとんどない状態の場合では、効力のある遺言を残すことはできません。

       

      一方、意思能力がある者であれば、成年被後見人のような制限行為能力者であってもすることができます。遺言に制限行為能力者制度は適用されず、成年被後見人や被保佐人であっても単独ですることができます。ただし成年後見人の場合には、一定の形式が要求されています。

       

      また未成年であっても、満15歳以上であれば単独で遺言をすることができます。

      ルールに従った遺言書でなければ法的な効果がありません。

      自筆遺言書の文案作成や公正証書遺言書の作成まで、文書に強い当事務所におまかせください。

      遺言者様のご相談を形にし、皆さんが円満なままいられるような遺言を残しましょう。

      ■事務所地図はここから

      ■お問合わせフォームはここから

      メールで回答させていただきます

      ☎027-377-6089

      土日祝日ご予約承ります。

      初回相談は無料です。

      お悩みは早めに解決された方がよろしいです。ご依頼は初回相談の後に検討されれば結構です。こちらから催促することはございません。

       

      群馬,遺言,相続,遺産分割,円満,解決,行政書士
      群馬,遺言,相続,遺産分割,円満,解決,行政書士

       

      このページの先頭に戻る

       

      相続における遺言書の役割

お気軽にお電話ください

page top