群馬の相続に関するお悩みや書類作成は、鈴木コンサルタント事務所にご相談ください。

 

早期に相続協議をまとめましょう

「相続」というものも「遺言」と同じように、普段みなさんが元気なうちは、なかなか考えることも少ないことだろうと思います。しかしいざその際には様々な手続きが必要となりますし、それ以前に誰に何をいくらというような取り決めをしなければなりません

    共同相続人がいる場合など、あうんの呼吸や暗黙の了解でことが運べばそれに越したことはありませんが、なかなかそういう場合ばかりではないようです。特にご自身が相続人のうちのひとりである場合には、お仕事をしながらみなさんの主張をまとめるのは大変なものです

     

    また相続人を確定させたり、相続財産をまとめたりする必要がありますので、それらを調査する必要もあります。そのような場合は紛争に至る前に、行政書士に協議を託されることをおすすめします
     こちらからも直接各記事へ入れます。






    急な相続、遺言書のない相続、初めての相続

    段取りや書類作成のご相談承ります

    1. 相続関係をまとめる方を決め、方向性を決めます。
    2. 被相続人の遡った戸籍から確認を行い、相続する人を確定させます。
    3. 不動産登記や金融機関等への確認を行い、相続する財産を確定します。

      ①財産調査から「財産目録」作成

      ②相続人調査から「相続関係説明図」作成

      ③遺産分割協議案のご提案から「遺産分割協議書」作成

      当事務所におまかせください。

      ストレスのない、スムーズで円満な相続をお約束いたします。

      代表者の方と打ち合わせながら取り進めてまいります。

      お忙しい中でのご負担を減らしましょう。

      ■事務所地図はここから

      ■お問合わせフォームはここから

      メールで回答させていただきます

      ☎027-377-6089

      土日祝日ご予約承ります。

      初回相談は無料です。

      お悩みは早めに解決された方がよろしいです。ご依頼は初回相談の後に検討されれば結構です。こちらから催促することはございません。

       

      群馬,遺言,相続,遺産分割,円満,解決,行政書士
      群馬,遺言,相続,遺産分割,円満,解決,行政書士

       

      このページの先頭に戻る

       

      あなたのお悩み事は何ですか?

       

      群馬,遺言,相続,遺産分割,円満,解決,行政書士 左のチェックボタンから Q&A に入れます

 

相続・遺産分割業務に関すること記事一覧

お電話からご連絡をいただきますご相談者様のお悩みを承ります。 遺言書の有無について、わかっている相続人や財産についてご確認させていただきます。初回面談のお時間を決めさせていただきます。相談者様と初回面談をさせていただきますご依頼内容についてご確認させていただきます。遺言書がある場合はご用意いただきます。遺言書がない場合は、探していただく段取りの確認をさせていただきます。 わかっている相続人や財産に...

民法に規定される相続とは相続とは被相続人(亡くなられた方)の有する財産上の一切の権利義務を、特定の者に承継させることをいいます。ただし権利義務には、個人の資格であるとかのいわゆる一身専属的な権利は含みません。またプラスの財産(土地や預貯金等)だけではなく、マイナスの財産(負債や借金等)も含まれます。相続には被相続人の遺言による「遺言相続」と、遺言等がない場合に民法の規定に基づいてなされる「法定相続...

被相続人の配偶者の法定相続分被相続人の配偶者の法定相続分は次のとおりです。相続人が被相続人の配偶者のみの場合は、配偶者が全体財産のすべてを相続します。被相続人の子との共同相続(子がいる場合)では、配偶者が全体財産の2分の1を相続します。被相続人の直系尊属との共同相続(子がいない場合)では、配偶者が全体財産の3分の2を相続します。被相続人の兄弟姉妹との共同相続(子も直系尊属もいない場合)では、配偶者...

遺言書が残されている場合遺言者の意思を尊重した形で相続を行います。遺言書があった場合でも、共同相続人全員での協議がまとまれば、その協議に沿った内容で相続を行うこともできます。遺言書が残されている場合は、基本的には個人の意思が尊重されます。遺言書が残されていなかった場合遺言書が残されていなかった場合の相続の段取は次のとおりです。まず遺言書があるないかを探す必要があります。お付き合いのあった士業の方や...

相続の承認と放棄とは相続を受けるかどうかを選択することができます。被相続人の総財産には、相続することでプラスになる財産(不動産や預貯金等)だけでなくマイナスになる財産(負債や借金等)も含まれます。そこで民法では相続人にその財産を受け継ぐかどうかの選択ができることとしています。相続財産の受け継ぎ方としては次のものがあります。単純承認限定承認相続放棄「熟慮期間」は3ヶ月です。相続財産の状況等を調査する...

遺留分制度について「遺留分」とは、被相続人が遺言状によってあるいは生前贈与や遺贈等によって、特定の者に過大な財産を与えた場合であっても、遺留分を有する相続人には、一定の割合の財産分について請求をする権利が保障されるという制度です。例えば遺言書で「財産の全ては愛人に譲る」と書いてあっても、遺留分を有する相続人については、最低限、遺留分を請求できるという制度になります。そもそもこの内容の遺言自体が公序...

法定相続情報証明制度について平成29年5月29日から開始された制度です。制度の内容は次のとおりです。相続の際には金融機関や法務局などで手続きを行う際に、その窓口で戸籍謄本などの相続関係を証明する書類が必要になります。それらの書類の原本の提出を求められた場合は、書類一式が複数必要になります。あるいは提出先を順に、提出および返却を繰り返し行う必要があります。法定相続情報証明制度とは、その手間を簡略化す...

相続税に関しては、非課税となる基礎控除額や特例措置等が設けられています。参考に基本的な知識について記載しますが、詳細については税理士さん等に確認されることをおすすめします。基礎控除額について相続が発生した場合は相続税を納める義務が生じますが、基礎控除額というものが設けられており、これを超えた場合に相続税がかかります。相続税の対象となる相続は、全体の8%程度になります。基礎控除額は次のとおりです。基...

民法の相続分野についての改正案を見てみましょう平成29年に、およそ120年ぶりに民法の一部(契約や債権に関する分野)を改正する法律が成立し、平成32年(2020年)4月1日から施行されます。この改正ポイントについては、別の項に記載してあります。相続分野についてはこれまでも社会情勢の変化に即して改正が行われ、配偶者や非嫡出子の法定相続分の割合等が改められてきましたが、平成30年年明けに、相続に関する...

相続分野に関する改正民法が可決成立しました。約40年ぶりの大幅見直しとなります。現時点では改正法全体の具体的な施行日は決まっていませんが2019年7月12日までに施行される予定です。例外として、自筆証書遺言の方式緩和(自書以外の目録可)は平成31年1月13日に施行され、自筆証書遺言の保管制度は、公布の日から2020年7月までに施行とされます。今回の見直しについてはかねてより問題化されていた、超高齢...

お悩み事は何ですか?下記のA(アンサー)をクリックくださいまたページ右上のサイト内検索も使用できます相続に関するQ&A急な相続、遺言書のない相続、初めての相続段取りや書類作成のご相談承りますQ: 遺言書がないのですが、相続人は誰になりますか。A: 遺言書がない場合の相続は法定相続と呼ばれ、民法に相続人やそれぞれの相続分が決められています。法定相続人と今回相続される方を確認ください。Q: 遺言書がな...

お気軽にお電話ください

page top