群馬の農地転用に関するお悩みは鈴木コンサルタント事務所にご相談ください。わずらわしい交渉や書類作成を承ります。

土地の区分について確認します

土地の地目を調べましょう

その土地の現況を確認しましょう。まったくの農地になっていますか。倉庫などは建てていませんか?コンクリートを打って駐車場にしていませんか?その際はキチンと申請をしていますか?

 

地目とは、その土地の主たる用途を示すために土地につけられた名称のことです。土地の登記事項に地目が記されていますが、登記上の地目と実際の用途は異なっている場合もあります

農地転用における土地の区分

 
具体的には不動産登記法によって次の21種類に区分されています。農地法の農地の地目は田、畑等になります。

田、畑、宅地、塩田、鉱泉地、池沼、山林、牧場、原野、墓地、境内地、運河用地、水道用地、用悪水路、ため池、堤、井溝、保安林、公衆用道路、公園、雑種地

農地転用をする前にまず地目を確認しましょう。
 

土地の区分

農地転用における土地の区分

    農地転用許可を申請する場合は、その農地の存在する場所が重要となります。届出だけでよい場合もあれば、そもそも申請できない地域もあります

     

    農地転用制度は農地法に基づき制定された制度です。有用な農地を減らさないために、土地の区分を設けています。

     

    一方の市街化区域や市街化調整区域は、産業の育成や都市機能の拡充を図るために制定された法律です。農地法と出発点も異なりますが、そもそも下記の市街化区域では都市機能が優先されますので、その中にある農地は農地としての有用性は有しておらず、格別な申請は必要ないというものです。

    市街化区域とは

    市街化区域とは既に市街地を形成している区域、および概ね10年以内に優先的計画的に市街化を図るべき区域のことです。

     

    都市計画法による「市街化区域」内の農地は許可を受ける必要はありません。農業委員会への「届出」のみでよいことになります。

     

    市街化区域であるかご確認ください。

     

    市街化調整区域

    市街化を抑制すべき区域であり、原則として開発行為が抑制されていて、既存建築物を除き田園地帯の区域のことです

    農地転用における土地の区分

    この区域にある建物自体、例外的な成り立ちで存在しているものであるため、その建て替えについても原則できないことになります。

    市街化調整区域は原則農地転用は申請できません。
     

    農振除外

    農業振興のために農業地域を保全する地域が農業振興地域となりますが、農業振興地域の農用地区域に該当している場合は原則農地転用は許可されません

     

    それでも申請を行う場合には、転用許可を受ける前にまず農用地区域からの除外をする必要があります。これを農振除外申請といいます

     

    農振除外についてはこれも許可の要件は非常に厳しいものとなりますので、事前に必ず役所に相談し、まず除外が受けられる可能性を確認してからそのために必要な証拠書類の内容を打合せしましょう

     
    農振除外申請の4つの要件すべてを満たす必要があります。
    1. 農用地区以外に代替すべき土地がないこと
    2. 除外により、土地の農業上の効率的総合的な運用に支障を及ぼすおそれがないこと。
    3. 除外により、土地改良施設の有する機能に支障を及ぼすおそれがないこと。
    4. 土地基盤整備事業完了後8年を経過していること。

    一度農用地区域から除外をした農地であっても一定期間内に転用開発手続きを行わない農地については、当初除外目的の必然性・緊急性が低いと判断し農用地区域へ再編入される場合があります。

     

    受付が年数回しかなく、また申請して許可が下りるまで1年ほどかかります。

     

    白地地域とは

    農業振興地域内農用地区域外農地のことで、略して「白地」と呼ばれています

     

    農地の集団性が低く、土地改良事業を実施していない等の理由から青地の指定がされておらず、青地 と比較すると農地以外への規制は比較的緩い地域です。農振除外は必要はありませんが農地転用は必要となります

     

    青地地域とは

    群馬,農地転用,許可,申請,書類,相談,行政書士

    農業振興地域内農用地区域内農地のことで、略して「農振農用地」または「青地」と呼ばれています

     

    今後10年以上にわたり農業利用を確保するため、農地以外の利用を厳しく制限している地域です。農振除外の対象地となります

    1. 自分の農地がどの区域にあるのかは役所に相談しましょう。
    2. 市街地の農地は届出のみでよく、それ以外は農地転用の申請が必要となります。
    3. 農業振興地域内の農地の場合は、農地転用申請の前に農振除外申請が必要となります。ハードルはかなり高くなります。

    農地転用の申請は煩雑で手間のかかるものになります。

    役所との交渉から書類取得、申請代行まで、当事務所におまかせください。

    農地の場所と転用の目的をご連絡ください。

    ■事務所地図はここから

    ■お問合わせフォームはここから

    メールで回答させていただきます

    ☎027-377-6089

    土日祝日ご予約承ります。

    初回相談は無料です。

    お悩みは早めに解決された方がよろしいです。ご依頼は初回相談の後に検討されれば結構です。こちらから催促することはございません。

     

    群馬,農地転用,許可,申請,書類,相談,行政書士
    群馬,農地転用,許可,申請,書類,相談,行政書士

     

    このページの先頭に戻る

お気軽にお電話ください

page top